漫画特集

Comic

生活への影響を軽減するための不動産売却

任意売却のお手伝い!

自分の生活で住宅ローンの返済が滞っている物件の売却を考えている方には、以下のアドバイスが考えられます。 早めの行動:返済が滞っている場合、問題は長期化する可能性があります。早めに行動することで、より多くの選択肢を持つことができます。債権者とのコミュニケーション:まずは、ローンを提供している金融機関とコミュニケーションを取りましょう。状況を正直に伝え、返済計画の再構築や売却について相談してみてください。金融機関も長期的な取引を望んでおり、解決策を見つけるために協力してくれる場合があります。現状の評価:物件の価値を再評価しましょう。不動産市場の動向や物件の状態などを考慮して、現在の市場価値を把握します。(有)エリアリンクの助言を仰ぐことが重要です。財務面の評価:売却によって得られる収益が、ローンの残高や売却に関連する費用を上回るかどうかを検討しましょう。時には、ローン残高よりも物件の価値が低い場合もありますので、注意が必要です。販売戦略の策定:売却に向けて、適切な販売戦略を立てます。広告やマーケティング、物件の見学や交渉に関する戦略を検討し、不動産エージェントの助言を受けながら行動しましょう。プランBの準備:万が一売却が難航した場合、プランBを考えておくことも重要です。家をレンタルする、金融機関との再交渉、あるいは法的な手続きを検討するなど、さまざまな選択肢を用意しておくと安心です。最終的には、自身の状況や目標に応じて、最良の選択肢を慎重に検討しましょう。不動産や財務に関する専門家の助言を受けることも、重要な判断の支援になります。


突然住まいを失わないために売却でサポート

  • アイコン1

    強制的

    法律を根拠に退去

  • アイコン2

    競売

    住まいを失う事態に

  • アイコン3

    調整

    任意で売れるように支援

郡山市

check!

強制的で安く売られる競売を回避

住宅ローンを滞納した家を任意で不動産売却できるようにサポートし競売を回避します

  • Point 01

    急に家を失う事態を避ける支援

    任意で不動産売却ができるように支援し、競売で急に家を失う事態を回避します。少しでも早く動くことで有利になりますので、住宅ローンの返済に問題が出た時点で、すぐにご相談いただくことが大切です。

  • Point 02

    問題が発生したすぐに相談

    住宅を任意で不動産売却できるように査定などを郡山市で承ります。放置すると強制的な競売になってしまうため、問題が起きたらすぐに任意での売却実績が豊富な事業者にご相談いただくことが生活への影響を抑えることにつながります。

  • Point 03

    スケジュールも価格も有利な売却

    住宅ローンを滞納した住まいの競売を回避して、突然住まいを失う事態にならないように郡山市でお手伝いします。任意売却であれば、スケジュールにも融通が利きやすく、競売よりも高く売れるので返済にも有利です。