漫画特集

Comic

不要な物件を不動産売却して身軽になる支援

郡山市内で迅速に空き家を売却して将来の管理負担を軽減するためには、以下のステップを踏むと効果的です。 1. 市場調査を行う 地域の不動産市場を調査: 近隣の空き家や類似物件の価格動向を確認します。これにより、適正な価格設定が可能です。不動産エージェントと相談: 信頼できる不動産エージェントに相談し、プロの意見を取り入れます。2. 物件の魅力を高める 必要な修繕を行う: 小さな修繕でも物件の印象を大きく変えることがあります。特に見た目や機能性に影響する部分は修繕しておくと良いです。清掃とステージング: 内外装をきれいに保ち、家具や装飾品で魅力的に見せる「ホームステージング」を行います。3. 適切な価格設定 競争力のある価格: 高すぎる価格設定は売却を遅らせます。適正な価格を設定するために、エージェントのアドバイスを参考にします。価格調整: 市場の反応を見ながら、適時に価格を調整します。4. 効果的なマーケティング オンラインリスティング: 大手の不動産ポータルサイトやSNSを活用し、物件の情報を広く発信します。プロの写真撮影: 魅力的な写真は購入希望者の関心を引くために重要です。5. 迅速な対応 柔軟な内覧対応: 可能な限り多くの内覧予約を受け入れます。迅速な対応が購入希望者の興味を引きます。書類の準備: 売却に必要な書類をあらかじめ準備し、手続きがスムーズに進むようにします。6. 専門家の利用 不動産エージェント: 売却活動をプロに任せることで、迅速かつ効果的な売却が期待できます。弁護士や税理士: 法的手続きや税務面でのアドバイスを受けるために、専門家の助けを借ります。7. 売却後の手続き 転居先の確保: 売却が成立した場合に備えて、新しい住まいをあらかじめ確保しておきます。財務計画: 売却によって得た資金の利用計画を立てておきます。これらのステップを踏むことで、迅速かつスムーズに空き家を売却し、将来の管理負担を軽減することが可能です。上記の通り郡山市内限定で長年に渡り売買を行っている(有)エリアリンクへご相談ください。


無人の住宅を所有し続けるデメリット

  • アイコン1

    税金

    維持するための支出

  • アイコン2

    劣化

    管理が行き届かない

  • アイコン3

    掃除

    状態を維持する手間

郡山市

check!

使い道のない物件の手間から解放

持て余している空き家を不動産売却すれば税金や管理の手間が減って楽になります

  • Point 01

    税金と管理の手間を軽減

    使い道のない空き家は、そのまま持ち続けても税金と管理の手間がかかるだけです。早めに不動産売却を行えば、現時点での手間が減るだけでなく、劣化による倒壊などの将来のリスクを負わずに済みます。

  • Point 02

    将来のリスクを回避する選択

    無人のままになっている郡山市の住宅について、不動産売却のご相談を承ります。無人の家は放置すると、倒壊などのリスクにつながる恐れもありますので、早めに手放してしまう方が将来の負担軽減につながります。

  • Point 03

    税負担を減らしてその分を活用

    ただ所有しているだけの郡山市の空き家は税金がかかるだけで、メリットは少ないです。早めに売却を行えば、税金の支出をカットし、その分を他のことに有効活用できます。また、管理の手間の軽減にもつながります。